大失敗~!まさかの…クイジナート壊しました!(涙)

雑穀と野菜で作る家庭料理教室

たきさんちの高杉多希です!

 

訪問してくれてありがとうございます!

 

もー!

聞いてくださいよー!

 

フ―プロ、壊しちゃったんです!

 

しかも、丈夫で頑丈と有名な、

クイジナートの業務用を!

 

あきらかに私が悪いんですけど、

何がどうしたかというとね…

 

 

************
※最新の料理教室の日程はコチラ

 

※毎日のお弁当の写真はコチラ>

 

※料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

毎日の晩ご飯を写真付きで紹介しています。

料理教室の講師のリアルがのぞけますよ♪

************

 

 

先日、もう超~イイ感じに、

高キビチョコが完成して、

 

フ―プロに入れて、

滑らかになるまで、

マッシュしてたんです。

 

で、

おお~!美味しい~!

って自画自賛して、

 

しばらくして、

フ―プロを見たら、

 

 

 

 

割れてる~!!!!

 

どうやら、

熱い高キビチョコを、

長い時間回し過ぎて、

 

(定格時間を超えてた!)

 

熱を持ったせいで、

 

 

本体のプラスチックが、

 

熱くなる

 

→急激に冷える

 

→縮む

 

→収縮に耐えられなくて割れる、

 

という結果になったようです。

 

 

もうめっちゃショック。

 

これから月末に、

 

高キビチョコのレッスンなのに~!

 

でも、分解してみたところ、

軸が外せず、

肝心なところが直せないので、

 

このまま、動かなくなるまで使う方向で…

 

 

大事な道具。

 

大切に扱わないといけませんね(涙)。

 

道具は、悪くない。

次も同じ子、買うぞ~。

 

 

 

 

体も、同じですよ~!

せっかく生まれてきた人生を楽しむための道具。

 

 

仕組みも知らずに、

いい加減に使って壊したら、

もったいない!

 

 

使い方や、適切な燃料を知って、

長い人生を共に歩む相棒として、

体も大事にしていきましょうね!

 

 

 

その方法が分からないよ~!

 

誰か教えて!

 

っていう方は、

 

チャンス到来!!

 

 

 

3月21日(木・祝)

未来食セミナーScene1in弘前!

 

それに先駆けて、

 

2月17日(日)

つぶつぶ料理体感会も開催♪

 

講師の石井さんの人柄が伝わります♪

 

 

↑のサイトでは、

12月の申込が終わった表示ですけど、

どんどん開催してます。

 

 

日程や申込はコチラ

 

 

 

 

実は、Scene1、

12月にさらにバージョンアップ!

 

なのに、

3月まではお値段据え置き。

 

そして、

弘前で受けられる!

 

さらになんと、

配偶者、25歳以下、再受講は割引が!

 

 

 

理解100%、実践60%!

 

とはいえ、

 

まずは知らないと始まらないよね~。

 

 

 

2019年、

 

一緒につぶつぶライフ、

 

始めませんか~♪

 

 

詳細や日程はコチラ

 

 

我が家でお待ちしております♪

【レッスン案内】

 

白菜もらって困った!

っていう経験はないですか?

 

そんな時は、

「続・野菜だけ?」!!

 

 

甘酒キムチに、白菜あんかけ。

 

500gの白菜が、

ぺろっと食べられるメニュー!

 

あんなにあった白菜が、

もう無いよう~!

 

「だって~、美味しいんだもん」

 

そうだよねぇ。

仕方ないよねぇ。

 

そんな会話が繰り広げられます♪

 

キムチのレッスンは、

夏だけど、

あんかけのレッスンは、

1月ですよ!

 

【野菜たっぷり!】あんかけ~この冬、夢中になる美味しさ!

2019/01/11 (金) 10:00〜13:00

 

2019/01/20 (日) 10:00〜10:30

 

試食メニューは3品!

 

*白菜のあんかけ

*蒸しサトイモの甘酢あんかけ

*豆腐とエノキのうま煮

 

の予定です♪

 

美味しいのを食べるだけでも、

ゴールの設定が変わって、

腕が上がりますよ~!

 

 

 

ご予約お待ちしております♪

 

 

料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

毎日の晩ご飯を写真付きで配信しています♪

教室に来る気が無くても、ぜひご登録くださいね♪

 

メルマガ登録も受付中>>>メルマガ登録

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

高杉多希

 

<<次の記事<<

>>前の記事>>