見てますか?高野豆腐の成分表示

毎日の献立に便利な乾物。

困った時のかさまし食材・高野豆腐~!

 

つぶつぶの料理では、

膨張剤(膨軟剤)の入っていないものをオススメしています。

 

え?高野豆腐に膨張剤なんて入ってるのか?

そう、実は、入ってるんです。

 

今、普通にスーパーで売ってる高野豆腐はほとんど、

重曹(炭酸水素ナトリウム)が入っています。

 

調理後の仕上がりをふっくらとさせるための、

膨軟剤として入っているそうで、

昔は、アンモニアガスが使われていたそう。

 

でも、アンモニアガスは臭いを取る必要があり、

何回も水を替えて戻す手間がかかったとか。

 

なので、いつしか重曹(炭酸水素ナトリウム)に変わっていきました。

 

しかし重炭酸ナトリウムである「重曹」と表示して、

リン酸塩(約20種類あり)などが配合された、

いわゆるカン水のようなものを業者が販売し、

メーカーが使っていることもあるそうです。

 

リン酸塩は、カルシウムを体内から奪ったり、

子どもの発育、内臓へのダメージや、

老化を早めたり(!)するそうです。

 

(リン酸塩は、

pH調整剤、調味料(アミノ酸等)

という一括表示の中に入っているとか!)

 

添加物のない高野豆腐は、

熱湯で戻すか、水につけて一晩かけて戻していたらしいです。

 

(でも私、重曹入りの豆腐でも芯が残ってたなぁ…)

 

あれ、でもオーサワさんの高野豆腐って、そんなに時間かけないでも戻るよね?

 

なんでかな?と思ったけど…

 

左が、オーサワの高野豆腐。

右が、スーパーでよく売ってる高野豆腐。

 

たぶん、早く戻るように薄くして作ったんじゃないかと。

 

乾物になる前の体積が分からないから、

比べようが無いのですけど、

きっとそうだと思います。

 

膨軟剤の入っていない高野豆腐でも、

早く戻るし、

味も食感もしっかりしていて、

豆腐より美味しいと思います。

美味しくて、体に良くて、安心して食べられるものを選びたいですね!

 

弘前市で買えるお店はコチラ↓

たちばなや弘前店

 

わざわざ前のブログにリンクするっていうwww

近いうちに、こっちのブログで書き直そうw