ラップも無添加を選びたい

食品を包むのに便利なラップですが、

ラップにと添加物ありと無添加があるのは、

ご存知でしょうか?

 

パリっと切れる!とか、

ピタッとくっついて貼りやすい!とか、

色んなコマーシャルが流れていますが、

ナニのおかげで、そうなるか知っていますか?

 

こちらの有名な商品の原材料は、

ポリ塩化ビニリデン。

 

塩素系プラスチックです。

燃やすとダイオキシンが発生するそうです。

 

まぁ、ダイオキシン自体は、

塩を含むものを燃やせば出るらしいので、

調理後のものを捨てた場合、

ごみ焼却場で燃やせば空気中に飛散するのは、

もはや仕方ない。(残さないように作ろうね。食べようね。)

 

ただ、食品を直接包んでチンしたりして、

140℃に達すると溶けて、

食品に直接ダイオキシン…は嫌だなぁ。

 

そして、よく分からないのが、

脂肪酸誘導体(柔軟剤)とエポキシ化植物油(安定剤)。

 

添加物は目的によって名前をつけてよいので、

もっともらしい顔して書いてますけど、

合成界面活性剤なんだそうですよ!

 

というか、脂肪酸誘導体って何?何が原料?

エステル化した脂肪酸(油)、つまり石鹸みたいなものらしいんですけど…

(そういえば、○ランラップを使うと手がヌルヌルするよね。)

でも何を原料にしたモノかは公表されてないの!

えー!何ナニ!何が入ってるの?気になる~!!

 

エポキシ化植物油って何の油?エポキシ化って何をしたの?

「安定剤」と書いてますが、何を安定させるためでしょうか?

 

エポキシ化植物油は、

塩化ビニール用安定剤または可塑剤として使われるそうです。

大豆油だったりアマニ油だったり、

なんだか分からない油だったりします。

 

エポキシ化は、炭素の二重結合を酸化させ…自分で調べようね(汗)。

 

可塑剤とは、ある材料に柔軟性を与えたり、

加工をしやすくするために添加する物質のこと。

主に、塩ビを中心としたプラスチックを軟らかくするために用いられるそうです。

 

 

塩ビは常温では硬い樹脂ですが

(水道の塩ビ管って固いですよね!)、

加熱すると、軟らかくなります。

その状態の時に可塑剤を入れると、

冷却して常温に戻っても軟らかい状態を保つことができるようになるそうです。

 

ん?でも脂肪酸誘導体が柔軟剤でしょ?

さらにエポキシ化植物油で軟らかく?

安定剤ということは、目的としては「軟らかさを保つ」ことなのかな?

 

 

 

塩化ビニールをラップフィルムとして使うには、

添加剤の使用が不可欠。

毒性は少ない、とされていますが、

洗剤が付いた食器でご飯を食べたくないように、

界面活性剤の入ったラップで包んだお握りは嫌。

(というか手がヌルッとする時点で表面に浮いてるよね?)

じゃあ、何を選んだら良いのかっていうと…

ラップにも無添加があるんですよ!

 

こちらはカブで買った、

その名も「無添加ラップ」の表示。

(またカブセンターかよ!w)

 

塩化ビニールではなく、

ポリエチレンだそうです。

 

耐熱温度は、塩化ビニールより低いです。

こちらもカブで買った「暮らし良好」シリーズのラップ。

 

あれ?製造者は一緒じゃ~ん。

 

安全性がよく分からないものを使うより、

安全なものを使いたいと思います。

 

もちろん、ラップに頼り過ぎないように、

(だってゴミにすること前提の商品ですからね)

食べ残しを減らすことを考えたり、

蓋つきの容器に入れるようにしたり、

することも大切にしていきたいです。