分かった!妊婦が酸っぱいものを食べたい理由!

雑穀と野菜で作る家庭料理教室

たきさんちの高杉多希です!

 

訪問してくれてありがとうございます!

 

妊婦になったら、酸っぱいものが食べたくなる。

 

よく聞く、アルアルですよね。

 

 

でも、なんで?って思っても、

 

「だって妊婦だから」

 

って、特に気にもしないと思うのですけど。

 

 

つぶつぶを学んで、

 

それを分析してるうちに、

 

分かっちゃいました!

 

 

料理は科学だね!

 

 

 

************
※最新の料理教室の日程はコチラ

 

※毎日のお弁当の写真はコチラ>

 

※料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

毎日の晩ご飯を写真付きで紹介しています。

料理教室の講師のリアルがのぞけますよ♪

************

 

 

まず、妊婦さんについてですけど、

 

体内に胎児がいます。

 

 

胎児の血液の赤血球は、

 

お母さんの体内の赤血球よりも、

 

酸素と結びつく力が強く、

 

 

ガン細胞並みに、

 

どんどん酸素を奪って、

 

成長していきます。

 

 

だから、妊婦は普通にしてるだけで疲れやすい。

 

 

そして、奪った酸素を使ったら、

 

老廃物としてお母さんに戻すのですね。

 

 

そのため、お母さんはどんどん酸化。

 

酸化を戻すためには、

 

妊娠前よりも、

 

還元するものを多く摂らなくてはいけません。

 

 

還元に必要なのは、

 

アルカリ食品。

 

 

アルカリ食品と言えば、

 

 

梅干し。

 

酢。

 

果物。

 

 

つまり、酸っぱいもの!

 

 

それがつながった時は、

 

そっか~!だからか!ってスッキリ!

 

 

ちなみに、

 

強アルカリな部類の山菜は、

 

デトックス効果が高く、

 

胎児というイレギュラーを抱える妊婦には、

 

不向きです。

 

 

だからと言って、

 

果物や米酢をたくさん食べると、

 

体が冷えて、むくみなどの原因にもなります。

 

 

酸素の供給をスムーズにする、

 

ミネラルたっぷりの塩分の摂取も必要不可欠!

 

 

ここはひとつ、

 

アルカリ食品で、塩分もしっかり補給できる、

 

昔ながらの塩を使った梅干しと梅酢で、

 

しっかり疲れにくい体を作って、

 

元気なマタニティライフをしていきましょう!

 

【レッスン案内】

 

 

今が旬のレモンタルトも、

 

妊婦さんにおススメです!

 

 

ヒエ粉で作るクリームは、

 

食物繊維たっぷりで、

 

果糖の急激な吸収を抑えてくれるため、

 

 

妊婦さんはもちろん、

 

シミ・シワなど美容が気になる人にもピッタリ!

 

 

爽やかな香りと甘さの正体は、

 

レモンの皮まで使うこと!

 

 

だからこそ、防カビ剤を使わない、

 

国産の無農薬レモンを使いたい!

 

 

と思って、昨年も注文した、

 

無農薬のレモンが、

 

因島から今日届くはず!

 

届いてくれ!(笑)

 

 

明日のレッスンで、今日ご案内でごめんなさい!

 

もし予定が空いてたら、

 

ぜひこの機会に受けてね!

 

 

キレイなタルト生地の焼き方も、10月までありません!

 

 

クッキーやつぶプルは、

 

後でレッスン受けれるけど、

 

レモンタルトは今回だけだから!

 

 

【応用スイーツ】旬のレモンタルト

2019/02/23 (土) 13:00〜15:00

 

 

サイト受付は終了しています。

お問合せはコチラ

 

 

料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

毎日の晩ご飯を写真付きで配信しています♪

教室に来る気が無くても、ぜひご登録くださいね♪

※ご登録の方に「私の献立の立て方」PDFと動画をプレゼント中!

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

高杉多希

 

<<次の記事<<

>>前の記事>>