生理痛を抱える方に朗報!つぶつぶ料理で人生の1/4が軽やかに!

雑穀と野菜で作る家庭料理教室

たきさんちの高杉多希です!

 

訪問してくれてありがとうございます! 

 

女性の8割が経験しているという、

生理痛。

 

私も昔は、生理のたびに、

お腹が痛かった...

 

でも、つぶつぶ始めて、

生理痛が無くなりました。

 

まぁ痛くは無くても、

たら~んとした気分にはなるんですけど^^

 

でも、20代前半の頃、

特に、結婚して間もなくの、

自分ですべての料理をしてた時が、

一番ひどかった。

 

 

今なら、理由は分かります。

 

 

 

聞きたい?

 

聞きたい?

 

 

大丈夫?

 

 

じゃあ、行きますよ。

 

 

************

講師のプロフィールはコチラ

 

※毎日の晩ご飯メニューとワンポイントアドバイスを配信中!

メルマガ登録はコチラで「お気に入り登録」してね♪

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

※毎日のお弁当の写真はコチラ

 

※料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

 

************

 

 

端的に言うと、

減塩と砂糖の取り過ぎでした。

 

 

大きな原因として注目したのは、

プロスタグランジンの過剰生成と、

体の冷えです。

 

 

プロスタグランジンっていう物質が、

子宮を収縮させるんですけど、

この材料になるのがリノール酸。

 

リノール酸は、

大豆油、加工食品、ファストフードに多く含まれ、

 

過剰に取ることが、

アトピー、アレルギー、花粉症、

さらに心臓疾患の原因ともいわれています。

 

過剰に生成されたプロスタグランジンが、

必要以上に子宮を収縮させ、

痛みにつながります。

 

また、プロスタグランジンは、

子宮だけではなくて全身に存在し作用し、

様々な働きをしています。

 

それが、生理前や生理中の頭痛などの、

PMS症状を引き起こすと考えられます。

 

つぶつぶ料理では、

脂肪酸バランスが優れた

「なたね油7:ごま油3」の合わせ油を

日常的に使うことで、

 

プロスタグランジンの過剰生成を抑えることが出来ると考えられます。

 

 

そして、体の冷えについてです。

 

ナトリウムがグルコースの小腸からの吸収に不可欠の存在であり、

また生物の活動に必要なATPは、

単糖類よりも多糖類に多く含まれると予想されるため、

 

減塩に加え、糖質を控えること、

特に炭水化物を控えることが、

体の冷えにつながります。

 

 

なので、

 

 

雑穀ごはんをしっかり食べること、

ミネラルたっぷりの塩をしっかり摂ること、

 

これにより、体の冷えが収まり、

ひいては生理痛などの症状が緩和すると予測されます。

 

 

。。。

 

 

まぁ、だから、

 

雑穀ごはんと海の精と合わせ油で、

 

万事解決!!!

 

な訳ですよ❤

 

 

生理始まったばかりの娘さんが居る方。

 

もうすぐ閉経しそうだ...という方も、

 

つぶつぶご飯で、

 

子宮を可愛がってあげてください。

 

 

だからと言って、

 

難しいことは考えなくても大丈夫!

 

 

根拠は私が解明するから、

 

皆は料理を習って、

 

レパートリーを広げて、

 

毎日つぶつぶメニューを食べるだけで、

 

どんどん元気になるしかない!!

 

 

1ヶ月のうち、

 

1週間が生理だとして、

 

毎月の生理痛から解放されたら、

 

 

 

人生の4分の1くらいが、

 

重いものから軽いものになるよ~❤

 

 

どんどんつぶつぶ食べようぜぃ!

 

 

 おススメの商品はコチラ↓

動画でもご説明しています。

 

※毎日の晩ご飯とワンポイントアドバイスをメール配信

つぶつぶ料理教室サイト「お気に入り登録」してね!

→登録はコチラ

  

 

料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

料理教室のご案内をしています。

良かったらご登録くださいね♪

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

高杉多希

 

<<次の記事<< >>前の記事>>