「雑穀なんて鳥のエサ」逆!逆!鳥が人のを食べてるんです!

 

「夫や父が「雑穀なんて鳥のエサじゃないか」って言うんです」

 

うちの教室に来てくれる生徒さんから、

そんな話を聞くことがあります。

 

確かに、鳥には雑穀を与えますし、

雑穀畑は鳥との戦い!

 

でも、鳥のエサを人間が食べてるんじゃないんですよね。

 

 

 

 

 

************

講師のプロフィールはコチラ

 

※毎日の晩ご飯メニューとワンポイントアドバイスを配信中

メルマガ登録はコチラで「お気に入り登録」お願いします。

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

※毎日のお弁当の写真はコチラ

 

※料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

 

************

 

 

美味しく食べて体質改善!

食と命のシステムを最大限に活かす料理術、

つぶつぶ雑穀料理を青森県弘前市で伝えています。

 

雑穀と野菜で作る家庭料理教室

たきさんちの高杉多希です。

 

訪問してくれてありがとうございます。

 

 

なんとはなしに、

ホームセンターでペット用品コーナーをのぞいたら、

鳥のエサがおいてありました。

 

こちらは小さな文鳥用のエサ。

アワ、ヒエ、キビ、、、

 

ぜいたく!!

 

 

ちなみに、ボレー粉っていうのは、

牡蠣の殻を砕いたものらしいです。

 

赤キビは、たぶん高キビ。

 

 

 

 

 

そして、こちらはハトのエサ。

ハトは、口も体も大きいから、

 

大きい実のものばかりですね。

 

トウモロコシ、小麦、蕎麦、大麦、麻の実、豆類、、、

 

サフラワーは、ベニバナの種みたいです。

 

マイロは、調べたら「モロコシ」と呼ばれる穀物で、

写真を見たら…高キビじゃないですか???

 

 

 

それにしても、ぜいたく!!

 

 

 

人間は白米だけで、

鳥には栄養豊富なさまざまな穀物を与えるって、

逆に不自然じゃないでしょうか?

 

 

米だって、カメムシも食べに来るし、

雀だって食べに来るけど、

 

日本人の主食、鳥が勝手に食べてる、

と思ってますよね。

 

 

雑穀だって、同じです。

 

人間が食べる用に作ってるものを、

鳥が食べに来てるだけ。

 

しかも、美味しいから群がる!

 

 

ずーーーっと日本人が育て、食べ継いできた雑穀。

 

鳥を飼うのが流行ったのは、バブルの一時だけ。

 

人間が食べてきた歴史の方が長いんですよ。

 

 

 

それにしても、

 

こうやって、鳥のエサにいっぱい入ってるのを見ると、

今年の畑も警戒は怠らないようにしないとー!

 

と思いました^^

 

 

ちなみに、人間用の雑穀は、

つぶつぶのネットショップで買うのがおススメですよ♪

 

 

未来食ショップつぶつぶ

 

 

我が家でも生徒さんに販売しています♪

 

料理教室にご参加の時に、お買い求めくださいね!

 

今日の晩ご飯↓

 

※毎日の晩ご飯メニューとワンポイントアドバイスをメール配信

つぶつぶ料理教室サイト「お気に入り登録」をお願いいたします。

→登録はコチラ

  

 

料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

料理教室のご案内をしています。

良かったらご登録くださいね。

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

高杉多希

 

<<次の記事<< >>前の記事>>