メシマズ嫁だった私が料理教室をしている理由

インターネットのとある界隈では、

料理が美味しくない奥さんのことを、

「メシマズ嫁」と呼ぶそうです。

 

その特徴を聞いたら、

そのまんま昔の私じゃないか…とビックリしました。

 

そんな私が料理教室を開けるほど、

料理が美味しくなった訳をお伝えします。

 

 

 

 

************

講師のプロフィールはコチラ

 

※毎日の晩ご飯メニューとワンポイントアドバイスを配信中

メルマガ登録はコチラで「お気に入り登録」お願いします。

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

※毎日のお弁当の写真はコチラ

 

※料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

 

************

 

 

美味しく食べて体質改善!

食と命のシステムを最大限に活かす料理術、

つぶつぶ雑穀料理を青森県弘前市で伝えています。

 

雑穀と野菜で作る家庭料理教室

たきさんちの高杉多希です。

 

訪問してくれてありがとうございます。

 

 

メシマズ嫁の特徴というのが、

 

*料理経験が極端に少ない

*母親が料理する姿を見ていない

*味付けが苦手

*火加減が出来ない

*色がおかしい

*手順を変える

*量を変える

*料理が独創的過ぎる

*衛生面を気にしない

 

 

色と衛生面については、

大丈夫だったと思うのですが、

それ以外は当てはまるな…と思います。

 

 

 

幼少期からのんびりな私は、

テンポの速い母には邪魔者で、

台所に入れませんでした。

 

手伝ったのは、

餃子を包んだり、とろろを摺ったりと、

台所でやらない作業くらい。

 

 

結婚前に1年だけ一人暮らしをしていた時に、

作るものと言えば野菜炒めくらい。

 

一皿でいろんな野菜が食べられて、

体にも良さそうだし、安い。

 

お肉は元からそんなに好きではなかったから、

ごはん、味噌汁、野菜炒め。

 

味見、というのが習慣になくて、

量も適当で、計量カップも量りもありません。

 

そんな生活をしていました。

 

 

結婚して、夫と二人暮らしになると、

そこに焼き魚とか生姜焼きとかがついたかな?

 

仕事も遅くて、あまり手の込んだことはしてませんでした。

 

夫も「カレーがあれば大丈夫」という感じで、

特に頓着しませんでした。

 

 

しかし、長男を産んで退職し、時間が出来て、

さらに、子どもの成長も気になり、

インターネットで調べていました。

 

 

*健康になるには、塩を減らした方が良さそう…

 

*スーパーで売ってるお肉は、抗生剤とかで体に悪そう…

 

*油も食べると具合が悪くなることが多いから、やっぱり体に悪そう…

 

*それに引き換え、夫の実家の畑で取れる野菜は新鮮だし、

 

農薬は気になるけれども、デトックス効果もあるはず!

 

*とにかく野菜をたくさん食べれば健康に良さそう!

 

 

そんな断片的な不安や期待で、

 

食材を選び、

 

料理をしていました。

 

 

そこには、

 

自分の体の仕組みに合っているか?

 

という視点は欠けていたのです。

 

 

しかも、料理と言っても、

 

火が通っていれば食べられる、

 

という感覚だったので、

 

 

肉じゃがや親子丼といった、

イメージがハッキリしているものは、

比較的美味しく作れましたが、

 

普段はほぼ野菜炒め。

 

しかも、肉なし、油控えめ、塩控えめ…

 

 

美味しいかどうか、は私の中では重要ではなくて、

いかに健康であるべきか。

 

だから、

「これは体に良いごはん【のはず】なので、美味しいと感じる【べき】」

という意地のような感じで食べていました。

 

 

そうして、メシマズ嫁に一直線だったのです。

 

 

つぶつぶ料理の美味しさを知った今だと、

 

私が昔食べていた「おいしさ」というのは、

頭で考えたもので、

 

舌では美味しくはなかったな…と分かります。

 

でも、その頃は、

子どもの成長も、夫の健康も、私の料理にかかっている!

と必要以上に背負っていたと思います。

 

 

美味しさよりも健康だ!

 

 

そんな状況ですから、

夫からはもちろん不評。

 

長男に至っては、

料理が美味しくないせいだと思うのですが、

好き嫌いが増えてしまい、

さらに手間がかかるようになってしまいました。

 

 

けれど私はもうお肉は食べたくなくて、

でも夫は食べたいというし、

 

自分の理想と現実に押しつぶされそうでした。

 

 

そんな時に出会ったのが、つぶつぶ料理です。

 

最初は、

 

動物性食品がなくても、

雑穀で色んな料理が出来るんだったら嬉しい!

 

という気持ちでした。

 

 

 

でも、つぶつぶ料理を実践して、

レシピ通りに塩を入れてみたら、

体が元気になるのを感じました。

 

だったら油も、と思って、

レシピ通りに油を使ったり、

揚げ物を作ったりするようになると、

手荒れも減りました。

 

夫も、

「しっかり塩と油が聞いているから食べられる」

と言っていました。

(最初の頃は、まだ美味しいと言ってはくれませんでした^^;)

 

 

私が揚げ物をするようになり、

レシピ通りに野菜も調味料も量っているのを見て、

「母さんが重さを量っている…!!」

と声に出して驚いていたのを、

今でも思い出します。

 

 

そうやって、なんとなく、

前よりも美味しくなったけれども、

 

雑穀の料理の限界って、こんなものかな…?

 

だって、雑穀だし…

 

所詮、肉や魚のガツンとした美味しさには敵わないかな…

 

と思っていました。

 

けれど、

未来食セミナーをScene1、2、3と進んで、

 

やっぱり未来食の理論に矛盾がない!

この道を進めば、健康は間違いない!

 

そう確信して、

 

感動的な美味しさではないけれど、

これは人に伝えないといけない!

 

知らなければ私のように体を壊したりして、

取り返しのつかない人がたくさん居るはず…!

 

だから、これを伝える料理教室をやるんだ!

 

そんな思いを固めた私ですが、

ちょうどその時は、

今年で6年目となる「つぶつぶ料理教室」立ち上げの年で、

 

「料理教室をするには、未来食スクールと養成講座を受けること」

と案内が届きました。

 

未来食スクールとは、

つぶつぶの活動拠点、

東京都新宿区のつぶつぶセミナーホールで、

毎月1回×12ヶ月にわたって通う、

料理のレッスンです。

 

青森から東京に通うには、

いろいろなハードルがありましたが、

それ以上の成果がありました。

 

私はここで、つぶつぶの本当の美味しさに出会ったのです。

 

 

料理の師匠・郷田未来さんと。
料理の師匠・郷田未来さんと。

 

 

テキストで見ていても、作ったことがあっても、

食べたことがない料理の数々を、

 

実際に食材を並べて作るところから見て、

私の作り方と全然違うことに愕然としました。

 

 

料理教室を開催するつもりで参加していたので、

まさに食い入るように見ていました。

 

 

講師である郷田未来さんの手さばきは本当に見事で、

ひとつひとつの作業に理由があり、

また質問ひとつにしても、

失敗するとどうなるかまで教えてくれました。

 

 

そして、料理をしていると、

本当に美味しそうな香りが漂ってくるのです。

 

 

私はその時に、

以前どこかで読んだ料理人のコラムが頭に浮かびました。

 

 

「料理を作ってシェフに見てもらったら、

味見もせずに塩が足りないと言った。

 

実際に味見をしてみたら、確かに塩が足りなかった。

 

なぜ見ただけで分かったのか?とシェフに聞いたら、

「美味しく出来た時は香りが変わる」と言っていた。」

 

 

そんなような話でした。

 

それを読んだ時に私は、

 

「そんなことはきっと、

そのすごいシェフだからできることで、

普通な私にはできない芸当だ」

 

と思っていました。

 

 

食べものの臭いと言えば、

スーパーや外食の外で嗅ぐ油っぽい臭いで、

あまり良いものではない。

 

野菜や果物の売れた匂いは好きだけれど、

それは素材そのものの香りで、

料理のせいではない。

 

 

そう思っていたけれど、

本当は違ったのです。

 

未来さんの作る料理の香りをかいだ時、

確かに、

「あぁ!美味しそう!早く食べたい!」

と思ったのでした。

 

 

そうして食べたものは、

もちろん感動的に美味しかった!

 

 

そして、

私が作っていたのは「つぶつぶ料理もどき」だった!

と思いました。

 

肉のような刺激的な味ではなくて、

体に染み渡る美味しさ。

 

 

さらにビックリしたのは、家に帰ってから。

 

 

今まで美味しくなかった料理が、

どんどん美味しく出来ていくのです。

 

「未来さんのように作れば、必ず美味しくなる!」

「こんな風に作れる自分、最高!」

「やってみれば簡単なことなのに、知らないなんてもったいない!」

 

「やっぱり料理教室をして、たくさんの人に伝えたい!」

 

そう思いを強くしました。

 

 

そして、夫にも変化が表れました。

 

それまでの美味しくない料理も食べていましたから、

見た目は同じ料理が出てきて警戒しつつも食べてくれ、

 

「これがあれと同じ料理?」

とビックリしていました。

 

同じ材料でも、技術次第でこんなに味が変わる!

 

それが分かると、楽しくて夢中で作りました。

 

 

いつしか、夫も、

「母さんが作る料理は、なんでも美味しいから」

と普通の顔をして言うようになりました。

 

 

私の体験から言えることは、

 

食の知識の寄せ集めでは、美味しい料理は作れない。

 

そして、美味しく作るには技術が必要。

 

しかも、その技術はそんなに難しくなくて、

 

みんな知らないだけなのです。

 

 

だからこそ、知ってほしい。

 

 

寄せ集めではない知恵を学ぶ未来食セミナーと、

料理の技術を学ぶつぶつぶ料理教室を、

 

我が家で開催できる今の環境というのは、

もう夢のようです。

 

 

 

私は未来食スクールのために、毎月東京へ通いましたが、

今弘前市に住んでいる人は、弘前市で受講できます。

 

私も身近につぶつぶを学んだ仲間が増える。

 

 

子どもを健康に育てたい…

夫の健康も大切にしたい…

そして、家族に美味しいと喜んでほしい!

 

 

そんなかつての自分のような悩みを抱えるお母さんに、

この記事が届きますように。

 

 

つぶつぶについて知りたい方は、食の力メルマガにご登録くださいね。

 

 

 

 

今日の晩ご飯↓

 

※毎日の晩ご飯メニューとワンポイントアドバイスをメール配信

つぶつぶ料理教室サイト「お気に入り登録」をお願いいたします。

→登録はコチラ

  

 

料理教室のLINE@始めました!

友だち追加

料理教室のご案内をしています。

良かったらご登録くださいね。

 

※最新の料理教室の日程はコチラ

 

 

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

高杉多希

 

<<次の記事<< >>前の記事>>